2020
04
03
民法という法律は、みなさん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。売買契約であったり、賃貸借契約であったり、雇用契約であったりと、一般の市民のみなさんが生活をする上で密接にかかわりを持つであろう事柄について定められた、最も身近な法律といえるかも知れません。これらの、契約関係等について定められた規定を、債権法と呼んだりします。実は、現在の民法が作られたのは明治時代になります。それ以来、この債権関…続きを読む
2020
02
12
今回は、弁護士を題材にしたドラマ漫画小説で私が好きな作品を挙げさせていただきす。 ちなみに、皆さんはご自身が所属される業界を題材にした作品は、好んで見られますか。私は、弁護士、法曹関係の作品は、現在進行形で進んでいる悩ましい事件を思い出してしまい、更に思い悩んでしまうこともあるので、あまり好んで見ません。 刑事事件で悩んでいるときは、警察24時も動悸がしてしまい、見ることができません……続きを読む
2020
01
06
離婚された方や離婚を考えている方は、生活費はどのように確保しているでしょうか。多くの方は、ご自身の給料や年金でまかなっていると思います。ただ、配偶者と離婚して収入が減っただけでなく,お子様をも養育しているという方もいらっしゃいます。収入が減ったのですから,なかなか生活が苦しいといった場合もあります。離婚することになったら、前回のコラムでも指摘したとおり、いろいろと準備をしておく必要があります。今回…続きを読む
2019
11
13
 今年も早いものであと二ヶ月を切りました。年号が令和となったり、東京オリンピックのマラソン会場が札幌となったり、今年もたくさんの出来事がありました。 出来事といえば、家庭の出来事として、心機一転、離婚や内縁関係の解消というご決断をされた方もおられるかと存じます。 離婚は決めたけれど離婚届を出すだけでよいのかという趣旨のご相談をよく受けます。 そこで、今回は離婚の際に、覚えておきたい「離婚のい…続きを読む
2019
10
15
札幌・大通公園で開催されていた「ビアガーデン」「さっぽろオータムフェト」が終わり、最近は気温もぐっと低くなり、徐々に冬が近づいてきた気がします。 この時期は、車のタイヤを交換しなければならないなぁと思われる方も多いのではないでしょうか。 冬の北海道では、路面凍結や積雪等が影響して、交通事故の件数が増加傾向にあるようですので、このような事故を予防するために、冬用タイヤへの交換は必須となってい…続きを読む
2019
09
05
法律を学んだご経験がない方でも、六法全書という言葉は耳にされたことがあるかと思います。六法とは、日本のすべての法律の根源である憲法と、最も基本的な社会のルールを定めた五つの重要な法律を指します。 今回、そのうちの一つである民法が改正されました。民法は、財産や家族などに関するルールを定めている法律であり、もしかすると私たちの日常生活に最も深く関わっていると言っても過言ではないかもしれません。 …続きを読む
2019
08
01
皆さんは、借金というと、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。知り合いに頼まれて保証人になり何百万円もの負債を抱えてしまった、あるいは、事業に失敗して何千万円という負債を抱えてしまった、などの状況を思い浮かべる方が多いかも知れません。もちろん、そのような借金の問題を抱えてしまった方も多くいらっしゃいます。その一方で、普通に生活をしていたはずなのに、気がつくと負債が数十万円、数百万円に膨らんでいた…続きを読む
2019
06
30
皆様も,色々な場面でいわゆる「雑談」をすることがあるかと思います。 そのときに,よく話題になるのが「趣味」の話だと思います。私自身も,色々な会合に出たりすると自己紹介を求められ,その際に「趣味は?」なんて聞かれることが多々あります。ただ,私は熱しやすく冷めやすい性格なのか,「広く浅く」という趣味が多く,「趣味は?」なんて聞かれると返答に困ることが多いのですが,その中でも,割と凝ってるのが「落…続きを読む
2019
05
31
前回の更新から大分時間がたってしまいましたが、2回目の更新です。 今回は、弁護士に面談相談する前の準備等についてお話させてもらいます。 大前提として、当事務所では、初回無料のメール相談、電話相談、面談相談を受け付けておりますので、何のご準備もなく、相談していただいて問題ありません。 なので、このページをご覧になっている方で、相談しようかどうしようか悩んでいる方がいらっしゃっても、…続きを読む
2017
04
01
札幌で弁護士を開業してから30年以上が過ぎました。弁護士会の役職も一通り終え、時間に多少ゆとりができましたので、日常業務の傍ら「弁護士よもやま話」を執筆したいと思います。 栄えある第一話のテーマは、小さな事件(※1)における弁護士の活用方法です。 小さな事件を弁護士(法律事務所)に依頼するには、大きなハードルがあると思います。 なぜなら、経済的に見合わない、うまく行かなければ弁護…続きを読む