塗料の製造販売業を営む会社が、主要取引先の経営破綻に伴い、経営状況が悪化し、資金調達も困難な状況になった事例

P社の負債総額は約1億円、債権者数30名。主な資産として不動産、売掛金、受取手形、在庫商品などがあり、その清算価値は約4000万円。債務超過額は約6000万円でした。
当事務所では、P社の主要取引先の経営破綻に伴う売上の減少が顕著で、人件費を含めたコスト削減が厳しい状況にあった上、新規売上などについて明確な経営指針を見出せなかったことから、つなぎ融資を受けて更なる財政状況を悪化させることは取引先に更なる損害を与えかねないと判断し、自己破産の申立をすることにしました。
P会社が相談に来てから数週間で破産の申立を行い、破産手続は1年で終了しました。

無料メール相談・お問い合わせ

無料電話相談:011-271-9933
無料メール相談
項目を入力した後[送信する]ボタンを押してください。 ご連絡を頂きました後、当事務所から折り返しご連絡を差し上げますので、必ず連絡のつく電話番号・E-mailアドレスを記載してください。
※当サイトにおける個人情報保護方針はコチラをご覧ください。
※営業・広告宣伝メールの送信は堅くお断り致します。
同意なく送信された営業・広告宣伝メールについては,特定電子メール法違反として登録送信適正化機関を通じて総務省に情報提供致します。
お名前 (必須)
お電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
性別
お問い合わせ・相談内容