長田 正寛(ながた まさひろ)
長田 正寛 (ながた まさひろ)
■ 生年 /
昭和31年
■ 弁護士登録年 /
昭和61年(司法研修所・第38期)
■ 出身地 /
東京都武蔵野市
■ 出身校 /
東京都立杉並高等学校
中央大学法学部法律学科
■ コメント
昭和61年4月に、弁護士資格を取得して札幌弁護士会に入会しました。以来、28年にわたり、札幌市において弁護士としての活動を続けています。
平成24年度は札幌弁護士会会長、平成25年度は北海道弁護士会連合会理事長、にそれぞれ就任し、弁護士会の仕事に専念していました。

出生地はさいたま市(旧浦和市)で、幼少から司法試験合格に至るまでを、殆ど、東京で過ごしています。昭和30年代から昭和59年ころまでは、用賀、奥沢、吉祥寺、三鷹、中野などに住んでいました。一時期、大阪の豊中市、札幌市で過ごしました。

司法修習生時代は、配属が札幌地方裁判所となり札幌で修習を受けたことから、札幌弁護士会に入会し、弁護士としての活動を始めました。

昭和61年から5年間、中島一郎法律事務所にてイソ弁として研鑽を積ませていただき、平成3年に浅水正弁護士と共同事務所を構え、その後の平成17年に、現事務所を開設し、現在に至っています。

現在、「ながた法律事務所」には、私以外に、7人の弁護士がおりますが、皆、経験8年から2年までの若手になります。事件の処理は、私と若手による組み合わせで処理することが多く、医療過誤事件、遺産分割事件のように、解決まで時間がかかる負担の大きな事件については、複数名の弁護士で対応しています。

28年にわたる弁護活動において、離婚、相続、交通事故、破産・再生手続は、相当数の事件を手掛け、経験は豊富です。
とりわけ、患者・被害者側の立場から医療過誤事件を数多く手掛けています。

平成4年から同23年まで札幌医療事故研究会の会員として活動し、平成19年から医療事故情報センターの会員となっています。また、「診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業」における札幌事例では地域評価委員を務めた経験もあります。

入院・治療中に亡くなられた方のご遺族の依頼を受けて医療機関を相手に起こした裁判事例で、複数、勝訴判決を得ています。入院中に受けた不適切な治療により神経障害が拡大した事例、誤診により不必要な手術を受けた事例、細胞検査で癌であることを見落としたことにより癌を進行させてしまった事例では、裁判上で勝訴的和解となり、過去に受けた手術時にガーゼが残置されたままであった事例、手術時に神経を切断したことにより後遺障害が発生した事例では、医療機関側が過失を認めていたことから、札幌弁護士会の医療ADR手続を利用して早期に和解し賠償を受けています。
現在も、数件の医療過誤事件について裁判や和解交渉を行っています。

常日頃から、「何事にも誠心誠意」をモットーにして、市民の基本的人権を擁護し、社会正義を実現するという弁護士の使命・職責を果たすべく、弱者救済のための弁護活動に邁進しています。

佐々木 将司(ささき しょうじ)
佐々木 将司(ささき しょうじ)
■ 生年 /
昭和47年
■ 弁護士登録年 /
平成17年(司法研修所・第58期)
■ 出身地 /
愛媛県西条市
■ 出身校 /
早稲田実業学校
早稲田大学教育学部
■ コメント
私は,弁護士登録前から弁護士数の少ない地域でのいわゆる司法過疎対策に取り組みたいと考えておりました。弁護士のいない地域では,弁護士に相談したくても相談できずに泣き寝入りすることも多かったと聞いていましたので,そのような状況を少しでも解消して地域の人々のお役に立ちたいと思っていました。
平成17年に弁護士登録してからは,その思いを実現すべく司法過疎対策に取り組む活動を積極的に行い,平成19年11月には今まで弁護士のいなかった北海道岩内町に日本弁護士連合会の援助を受けて法律事務所を構えました。岩内町で活動していたときは,住民の方々ができるだけ相談を受ける機会を持てるよう,例えば身体が不自由で事務所まで来ることのできない方の場合,必要に応じて自宅に赴いて相談に応じることもありました。
岩内町での任期が満了した後も,司法過疎対策に積極的に取り組んでおります。少しでも地方の住民の方々が,スムーズに弁護士と相談できるような環境作りをしたいという思いは今も変わっていません。
弁護士に相談すれば必ず悩みが解消されるとは言い切れませんが,できるだけ悩みを解消できるような解決を目指していきます。
大町 英祐(おおまち えいすけ)
大町 英祐 (おおまち えいすけ)
■ 生年 /
昭和55年
■ 弁護士登録年 /
平成20年(司法研修所・新第61期)
■ 出身地 /
群馬県太田市
■ 出身校 /
群馬県立太田高等学校
東北大学法学部
東北大学法科大学院
■ コメント
私は、大学生になって、法律の勉強を始めるまで、「法律」というものは、どこか、遠くの世界に存在するものであるように感じていましたが、大学へ進学して、実際に「法律」の勉強を始めてみると、「法律」は、以外と身近にあるということを感じました。
しかし、皆さんの多くは、勉強を始める前の私と同じように、遠い世界のことのように感じているのではないか思います。
しかし、世の中の大部分の出来事は、何らかの法律が関係しているのであって、仮に、スーパーマーケットで「ネギ」を一本買ったときであっても、そこには「売買契約」という形で、法律が関係しているわけです。このように考えると、この世の中の大部分の人は、毎日、何らかの法律に関わって生きていると言っても過言ではないように思えます。
そうすると、「弁護士」という仕事は、そのような身近にある出来事を、「法律」という観点から見直し、それに基づいて、どのように行動をすべきかをアドバイスすることが重要であると考えています。そして、アドバイスをする以上は、そのアドバイスを聞いている人が理解できるよう、わかりやすく、丁寧に行わなければならないと考えています。私自身、弁護士として仕事を始めてから、「わかりやすく、丁寧に」ということを常に心がけてきました。
決して、法律とは、遠い世界のことではなく、身近にあるもので、困っていることや悩んでいることは、法律によって解決することができるかもしれません。どんな些細なことであっても、構いませんので、相談してみてください。「わかりやすく、丁寧に」にご回答いたします。
福田 光宏(ふくだ みつひろ)
福田 光宏 (ふくだ みつひろ)
■ 生年 /
昭和58年
■ 弁護士登録年 /
平成22年(司法研修所・新第63期)
■ 出身地 /
北海道旭川市
■ 出身校 /
旭川東高等学校
北海道大学法学部
北海道大学法科大学院
■ コメント
私が相談を受けるときに一番気をつけていることは、相談者の方にいかに話しやすい弁護士だと思ってもらうかということです。弁護士登録をしてから4年が経過しましたが、相談に来られる方の多くは、弁護士に相談をするというだけでとても緊張しています。弁護士に相談をするのは初めてという方がほとんどですし、弁護士というと敷居が高いというイメージをお持ちの方も多いと思いますので、緊張されるのは当然です。しかし、緊張したままでは、話したかったことを話せずに終わってしまうこともあるかも知れませんし、相談の内容がわかりづらくても聞き返せないまま終わってしまうこともあるかも知れません。そのようなことがないように、相談に来られた方に、この弁護士になら話しやすいなと思ってもらえるよう、努めています。
もちろん、相談の中には、法律によって解決できないものもあります。ですが、相談することによって、気持ちが軽くなったり、解決の糸口が見えてくることもあります。
まずは、お気軽にご相談ください。
伊藤 昌一(いとう しょういち)
伊藤 昌一 (いとう しょういち)
■ 生年 /
昭和48年
■ 弁護士登録年 /
平成23年(司法研修所・新第64期)
■ 出身地 /
北海道札幌市
■ 出身校 /
札幌旭丘高等学校
北海道大学法学部
北海道大学大学院法学研究科修士課程
中央大学法科大学院
■ コメント
このページをご覧になっている方々の中は、目の前に大きな困難を抱えた方も数多くいらっしゃると思います。
そのために、辛くて、苦しくて、どうしようもない毎日を過ごされているかもしれません。
でも、決して忘れないでください。
困難を乗り越える方法は、必ずあります。

私のこれまでの人生は、決して順風満帆ではありませんでした。

生まれつきハンディキャップを持ち、社会人を経てから弁護士になるまでの長い間、数多くの挫折を経験してきました。
自分の居場所を見失いかけることすらありました。
でも、そんな時、私がもうひと踏ん張りできたのは、ただただ私に寄り添ってくれる方々がいてくれたからです。

今度は、私があなたに寄り添い、あなたをサポートする番です。
でも、決して忘れないでください。
困難を乗り越えるのは、あなた自身の力です。
そして、あなたにはその力があると、どうか信じてください。
私にできることは、あなたの背中をそっと押すことです。
あなたにお会いできることを心待ちにしております。

田村 暢健(たむら のぶたけ)
田村 暢健(たむら のぶたけ)
■ 生年 /
昭和53年
■ 弁護士登録年 /
平成24年(司法研修所・新65期)
■ 出身地 /
北海道札幌市
■ 出身校・学歴 /
1997年3月 札幌南高等学校 卒業
2002年3月 立教大学文学部英米文学科 卒業
2011年3月 北海学園大学法科大学院 修了
2011年9月 司法試験合格
■ 職歴 /
2002年4月 北海道放送株式会社 入社
2007年3月 北海道放送株式会社 退社
2007年7月 ながた法津事務所 入所
2012年12月 弁護士登録
■ 資格・所属 /
中・高等学校教諭1種免許(英語)
日本プロ野球選手会公認選手代理人
札幌弁護士会野球部
■ コメント
ながた法律事務所に入所してから現在まで、離婚、相続、倒産(破産・再生)、労働、交通事故、医療事故等、様々な事件を担当させていただき、多くの皆様にお会いしてきましたが、悩みごとや問題が解決し笑顔でご帰宅される皆様の姿を見ていると、弁護士になって良かったと改めて感じます。
これからも依頼者の皆様にとって相談しやすい身近な存在になれるよう、悩みごとを解決し笑顔でご帰宅いただけるよう、最善をつくすとともに日々研鑽に努めていきたいと考えております。
些細なことでもお気軽にご相談いただければと思います。
横田 亜季(よこた あき)
横田 亜季(よこた あき)
■ 生年 /
昭和63年
■ 弁護士登録年 /
平成26年(司法研修所・第67期)
■ 出身地 /
広島県福山市
■ 出身校 /
広島県立府中高等学校
香川大学法学部
北海道大学法科大学院
■ コメント
平成26年12月から弁護士として働くことになりました若輩者ではありますが、皆さんのお力になれるように真摯にお話を聞かせていただきます。
相談にこられる方は、おそらく暗い気持ちになられていることとお察しします。相談にこられる方のお気持ちに寄り添いながら、皆さんのお悩みを一緒に解決し、明るい気持ちになっていただけるようお手伝いさせていただきたいと思っております。
弁護士として、一人でも多くの方のお悩みを解決できるよう、日々精進してまいります。
皆さんの悩みをお気軽にご相談ください。