法テラス弁護士費用立替制度を利用し破産を申し立て、経済的再建を図った事例

夫と離婚し一人でお子さんを育てていたCさんは、介護の仕事やコンビニエンスストアでのアルバイトなど、いくつか仕事を掛け持ちして生計を立ててきたものの、生活費が不足がちになり、カード会社のカードを利用して借入し始めました。その後、腰の痛みがひどくなって常時働くことができなくなり、生活費を補うため消費者金融からも借入するようになりました。

Cさんは両親から援助を受けてなんとか生活していましたが、約定の返済ができなくなり、当事務所に相談に来られました。借金の総額は約200万円、債権者数は7社、月々の約定返済額は約8万円でした。
Cさんは、腰の痛みで仕事もままならず、約定どおりの返済を続けていくことが困難な状態でしたので、自己破産の申立をすることにしました。しかし、病院の治療費すら負担できない状況でしたので、弁護士費用を捻出するお金も当然ありませんでした。

そこで、法テラスの弁護士費用立替制度を利用して自己破産を申し立て、生活保護についてのアドバイスもさせて頂きました。

その後、Cさんは、生活保護を受給し、腰の治療をしながら、就職活動を続けられました。なお、法テラスに立て替えてもらった弁護士費用10数万円は、生活保護を受けたことにより償還が免除され、返す必要がなくなりました。

無料メール相談・お問い合わせ

無料電話相談:011-271-9933
無料メール相談
項目を入力した後[送信する]ボタンを押してください。 ご連絡を頂きました後、当事務所から折り返しご連絡を差し上げますので、必ず連絡のつく電話番号・E-mailアドレスを記載してください。
※当サイトにおける個人情報保護方針はコチラをご覧ください。
※営業・広告宣伝メールの送信は堅くお断り致します。
同意なく送信された営業・広告宣伝メールについては,特定電子メール法違反として登録送信適正化機関を通じて総務省に情報提供致します。
お名前 (必須)
お電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
性別
お問い合わせ・相談内容