妻の不倫が原因で離婚。妻の不倫相手に損害賠償を求めた事例。夫側の代理人

Fさんは、元妻に対する慰謝料は求めておらず、元妻の不倫相手に対してのみ慰謝料を求めていました。不倫相手はFさんの顔見知りで、元妻がEさんと結婚していることを知っているにもかかわらず、元妻を誘惑したとの理由からでした。
当事務所では、元妻の不倫相手に対して、まず内容証明郵便を送り、慰謝料として300万円の支払いを求めましたが、不倫相手は既にEさんと元妻との婚姻関係は破綻していたなどと主張し、慰謝料の支払いに応じませんでした。
そこで、訴訟を提起した上、元妻に協力をお願いして証人尋問をさせてもらい、Fさんとの婚姻関係が破綻していなかったことなどの立証を行いました。その結果、裁判所は、不倫相手に対し約160万円の支払いを命じる判決を出しました。

無料メール相談・お問い合わせ

無料電話相談:011-271-9933
無料メール相談
項目を入力した後[送信する]ボタンを押してください。 ご連絡を頂きました後、当事務所から折り返しご連絡を差し上げますので、必ず連絡のつく電話番号・E-mailアドレスを記載してください。
※当サイトにおける個人情報保護方針はコチラをご覧ください。
※営業・広告宣伝メールの送信は堅くお断り致します。
同意なく送信された営業・広告宣伝メールについては,特定電子メール法違反として登録送信適正化機関を通じて総務省に情報提供致します。
お名前 (必須)
お電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
性別
お問い合わせ・相談内容